よくある質問

仕事に関するQ&A

ウェディングプランナーという仕事に関するQ&A

Q.ウエディングプランナーは長く続けられる仕事でしょうか?

昨今のゲストハウスブームで、ウエディングプランナーといえば若い女性というイメージがありますが、本来、ウエディングプランナーという仕事は、年齢を重ねた方の方が向いているといっても良いくらいなのです。実際、一流ホテルでも、50代や60代の女性が「ブライダルマザー」などの名称で大変活躍していらっしゃいます。社会的な常識をとても必要とする仕事ですし、お客様からの信頼を得るためには、実は、高年齢の方が有利なのです。
体力的に不安という方も心配は要りません。婚礼は土日に集中するので、土日のみといった働き方もできますし、ある特定の業務のみという職務分担も可能です。

Q.男性でもウエディングプランナーになれますか?

勿論です。是非、目指して下さい!昨今は、女性の仕事のイメージが強くなっているかもしれませんが、男性のプランナーもたくさんいらっしゃいますし、そもそも従来は、男性でないと勤まらない仕事だったのです。
IWPAウエディングスクールでは、パンパシフィックホテル横浜など多くのホテルで実務に携わってきたIWPA会長の谷藤進も講師を務めます。同じ男性として、在学中も卒業後も様々なアドバイスをさせていただきますのでご安心下さい。

Q.高年齢ですが、これからウエディングプランナーになるのは可能でしょうか?

しっかりとした知識を持てば、経験の8割は知識で補うことができます。企業が求めているのも、お客様が求めているのも、「若い人」ではなく、「仕事のできる人」なのです。今まで生きてきた人生の厚みに自信を持って、是非勉強をスタートして下さい!
IWPAウエディングスクール校長の伊藤公子は、全くの異業種から38歳でブライダル業界へ転職しました。どのようにして転職に成功したのか、校長伊藤の体験談をお聞きになりたい方や、ご不安な方は、どうぞお気軽に相談会へいらしてください。ご来校が難しければ、メールや電話でも、大歓迎です。

Q.フリーランスウエディングプランナーとして生計を立てることは可能でしょうか?

可能です。IWPAの資格を取得した多くのフリーランスプランナーたちが全国で活躍しています。フリーランスになるために必要な様々な知識や技術、ビジネスのサポートなどもありますので、是非チャレンジして下さい。

Return Top